クリーニングの流れ

有限会社東京クリーニング店ではクリーニングに関する作業を下記の手順で行っています。

<ご来店・受け付け>

カウンター受け付け

ご来店の際、ポケットの中を確認して下さい。

気になる個所のシミ、汚れ、ほつれなどをお知らせ下さい。

後ほどの作業の参考になります。

又、弊社で気のついた最近の衣料の傾向などお知らせしながら受け付けをいたします。

 

その後受け付けた番号と同じカラータックを品物に付け、お返しするまで管理します。

<ボタンカバー>

ボタンカバー

他店とのトラブルでお越しのお客様で目立つのがボタンの紛失や欠け、割れです。

 

弊社では独自のボタンカバーを開発してこのようなトラブルが起きないようにしています。

(従ってボタンは取り外さなくても結構です。)

<検品・選別>

検品

お預かりした品物の状態をしっかり確認しシミ、

汚れの程度、ボタンの有無、ほつれなどをチェックします。

 

検品のあと、素材、衣料の濃淡、汚れに応じて

幾通りものコースを作ります。

<洗浄>

ドライ機

選別結果に基づき最良と思われる方法でクリーニングします。

なるべく衣料にダメージを与えないように取り組んでいます。

<乾燥>

自然乾燥

デリケートな衣料は別洗いとし乾燥も自然乾燥を基本にして、極力生地にダメージを与えないように工夫します。

<しみ抜き>

しみ抜き

弊社が最もこだわりを持つしみ抜き技術です。(一級染色補正技能士)

他店で断られたしみ抜きももちろん対応いたします。

 

※状態によっては完全に落ちない場合もございます。

その際はご容赦願います。

 

<仕上げ・プレス>

プレス機

衣料の素材、形状に合わせた仕上げを行います。

最近ではしわ加工の商品も多数出回っております。

受け付けの際お申し付けいただければ、

乾燥方法、プレス時に配慮いたします。

 

<包装・お返し>

返却、お返し

衣料の仕上がり具合をチェックします。作業時に気が付いた「ボタンなし」や「ほころび」など無料でサービスできるところはやってお返しします。又有料になる個所は確認の上、再度作業をお引き受けいたします。

 

衣替えの時期には防虫剤を添付して喜ばれています。